ギャンブル情報総合サイト   

競艇情報

モンテカルロ法


モンテカルロ法とは?

変則の倍掛け方式で、特殊な計算方法を利用します。
1レース目
(1、2)の数字を利用します。
1レース目の投資金は1+2=3となり300円が投資金となります。

2レース目
不的中の場合、さらに()に3の数字を加え、(1、2、3)を利用します。
そして()内の両端を足した数が投資金となり、1+3=4
なので、400円が2レース目の投資金となります。

3レース目
不的中の場合、さらに()に4の数字を加え、(1、2、3、4)を利用します。
そして()内の両端をたした数が投資金となり、1+4=5
500円が3レース目の投資金となります。

4レース目
不的中の場合、さらに()内に5の数字を加え、(1、2、3、4、5)を利用します。
そして()内の両端をたした数が投資金となり、1+5=6
600円が4レース目の投資金となります。
以上のように的中するまで同じように繰り返します。

的中した場合
的中した場合は()内の両端から2つ数字を消します。
すると、残る数字は(2、3)となります。
そして両端をたした数が投資金となり、2+3=5
500円が次の投資金となります。
また的中したら先ほどと同様に両端を2つ消すと数字が残りません。
これ以上計算ができないので終了となります。
このように計算できなくなるまでを続けることになります。

もし不的中ならば()内に6を加え、2+6=8
800円が次の投資金となります。
このように続けると必ず利益が出ます。


モンテカルロ法のメリットデメリット

メリットはマーチンゲール法やココモ法と違い投資額が緩やかなこと。
お金が無限にあれば、いつか当たるので理論上は負けないこと。

デメリットは投資額は緩やかであるが、大連敗をすると、マーチンゲール法と変わらずパンクする危険性があること。
また、一回的中すると今までの投資金が全て回収できるわけではないこと。
投資方法が複雑であること。
 

追い上げ投資法へ マーチンゲール法へ ココモ法へ

inserted by FC2 system